Hydrogen Station 水素ステーション

水素ステーションとは

水素ステーションは、ガソリン車がガソリンスタンドで燃料を補給するように、燃料電池自動車(FCV:Fuel Cell Vehicle)へ燃料となる水素を補給する場所です。FCVへの一回あたり水素充填時間は3分程度。

水素ステーションの主要構成機器

  • 水素製造装置:水蒸気改質等により都市ガスやLPガスを使って水素を製造する(オンサイト方式の場合)
  • 貯蔵:外部から調達した水素をカードルやローダーで運び貯蔵する(オフサイト方式の場合)
  • 圧縮機:水素を所定の圧力まで昇圧する
  • 蓄圧器:所定の圧力の水素を貯蔵する
  • プレクーラー:FCVタンク温度の上昇を防ぐため、充填前の水素をあらかじめ冷却する
  • ディスペンサー:流量、圧力を制御しながら水素をFCVに供給する

水素ステーションのタイプ

水素ステーションにおける水素の供給方法等の違いによって、3つの種類があります。

オンサイト方式

水素ステーション内で、都市ガスやLPガス等からの水素製造、FCV向けの水素の充填販売までを行う。
・事業者の例:都市ガスやLPガス等の水素原料を有している事業者など

オフサイト方式

外部で製造された水素を調達/購入し、FCV向けの水素充填・販売を行う。
(水素の輸送、貯蔵方式は液体水素と圧縮水素によるものとがある)
・事業者の例:水素を外部から調達する事業者

移動式

トラックの荷台に水素充填装置を積んでいる水素ステーション

水素ステーションの併設例

水素ステーションは単独運営の他、様々な業種の施設と併設して展開されています。

単独
コンビニエンスストア併設
ガソリンスタンド併設
CNG(天然ガス)スタンド併設
天然ガス・LPガス併設
空港敷地内