水素のネットワークを拡げ
クリーンなモビリティの普及を

About JHyM

日本水素ステーションネットワーク合同会社は、水素社会の実現に貢献し、燃料電池自動車(FCV: Fuel Cell Vehicle)のお客様に対する水素ステーションネットワークを構築することを目指しています。水素モビリティの普及拡大に向けた環境整備を行うことで、FCVのお客様の利便性向上を実現します。 水素は、燃料電池自動車をはじめとするモビリティの分野において、地球規模の温室効果ガスの排出削減と日本のエネルギー課題を同時に解決する手段の一つとして期待されています。クリーンなモビリティと持続可能な社会の実現に向けて、私たちは新たなステージに進みます。

Approach

水素ステーションネットワークを構築するために、
水素ステーション整備の加速と一層の安定的な事業運営を目指します。
  • 水素ステーションの
    戦略的整備

    現在、4大都市圏を中心に普及が始まっている水素ステーションネットワーク。ここから更に、点から線ヘ、線から面へ広がるよう全国へネットワークを拡大します。
  • 水素ステーションの
    コストダウン

    技術の標準化や規制見直しを、関連機関と連携し推進します。これにより、水素ステーションのコストダウンを図り、自立化を目指します。
  • 水素ステーションの
    効率的運営への貢献

    FCVユーザーが快適に水素ステーションをご利用いいただけるように、営業日や時間帯など、地域で連携した効率的な運営を行います。

News

Company Profile

日本水素ステーションネットワーク合同会社は、11社のキープレーヤーが参画し、FCV需要を最大化する水素ステーションネットワークを構築します。これは、水素ステーション整備に向け、水素ステーション事業者、自動車会社と金融投資家等が連携する、世界初の取り組みです。また官民一体となって水素ステーション整備に関して加速する仕組みを構築します。
社名(商号) 日本水素ステーションネットワーク合同会社
(英文社名) Japan H₂ Mobility, LLC
(略称) JHyM / ジェイハイム
コーポレートサイト https://www.jhym.co.jp
設立年月日 2018年(平成30年)2月20日
本社所在地 東京都千代田区九段南二丁目3番18号 トヨタ九段ビル
アクセス(地図)
電話番号 03-5214-6711
03-5214-6712
代表社員職務執行者 (社長) 菅原英喜
資本金 50,000,000円

参画企業

自動車メーカー トヨタ自動車株式会社
日産自動車株式会社
本田技研工業株式会社
インフラ事業者 JXTGエネルギー株式会社
出光興産株式会社
岩谷産業株式会社
東京ガス株式会社
東邦ガス株式会社
日本エア・リキード株式会社
根本通商株式会社
株式会社清流パワーエナジー
金融投資家等 豊田通商株式会社
株式会社日本政策投資銀行
JA三井リース株式会社
損害保険ジャパン日本興亜株式会社
三井住友ファイナンス&リース株式会社
NECキャピタルソリューション株式会社
未来創生ファンド
(運営者:スパークス・グループ株式会社)