JHyM初の水素ステーションを開所しました。

  • ニュース

日本水素ステーションネットワーク合同会社 (略称 JHyM(ジェイハイム))は、このたび、JHyM スキームによる初の水素ステーションとなる「いわき鹿島水素ステーション」を 3 月 5 日に開所する運びとなりました。本水素ステーションは、根本通商株式会社とJHyM が共同で整備し、根本通商株式会社が運営します。

JHyM は、水素ステーションの本格整備を目的とし、インフラ事業者、自動車メーカー、金融投資家等によって、昨年 2 月に設立されました。事業期間は 2027 年度までの 10 年間を想定しており、2021 年度末までの 4 年間で 80 箇所の整備(*)を行うことを目標としています。本水素ステ ーションは、その第 1 箇所目となるものです。
*) JHyM設立前に整備された水素ステーションは、全国で 101箇所(内100箇所が営業中)です。

JHyM は、初年度にあたる 2018 年度の事業として、本件を含め 12 箇所の水素ステーション の整備を行っています。今後、さらに水素ステーションの整備を進め、FCV(燃料電池自動車)の 普及拡大に向けた環境整備とお客様の利便性向上を実現します。

【いわき鹿島水素ステーション 概要】

名称いわき鹿島水素ステーション
所在地福島県いわき市鹿島町走熊字四反田1番地1
敷地面積1903m2 (水素ステーション設備に係る使用面積 750m2)
水素供給方式オフサイト方式(圧縮水素を水素トレーラーでステーションまで輸送)
水素供給能力300Nm3/h (1時間当たり FCV6台の満充填が可能)
充填圧力82MPa
営業時間月曜日~金曜日 9時~17時

詳細はこちらからご確認ください。

一覧に戻る